TOKIO、国分太一が語る。「ドラムは簡単じゃない」その真意は?

TOKIOの国分太一さんが、YOSHIKIさんの緊急手術のニュースを受け、MCを務めている「ビビット」でコメントをされています。
そのコメントでは、ドラマーの過酷な一面も見えてきました。
ドラム簡単そうに見えて、とても過酷なんでしょうね。

 

 

また、農業の活動をされているTOKIOのメンバーは農機具でケガをすることもあるんだそうですよ。
今日はじっくり調べてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

ドラムは過酷

TBSの情報番組「ビビット」でMCを務めるTOKIOの国分太一さんが、ドラマーの過酷さについて語っていました。
そもそもなぜ、こういうことについてコメントしたかというのは、YOSHIKIさんが2017年5月16日に手術を受けることになったからでした。
YOSHIKIさんはX JAPANのドラマーです。
そして首を痛めた原因は、デビュー当時からの激しいヘッドバンギングなどをしながらドラムを叩く演奏スタイルです。

 

 

そう、ドラマーだからこそ、この手術を受けることになってしまったのです。
そこで気になるのは、国分太一さんが所属されているTOKIOのドラマー、松岡昌宏さんですよね。

 

 

松岡昌宏は脱水症状で運ばれていた

TOKIOのドラム担当である松岡昌宏さんは、体は痛めていないものの、脱水症状で病院に運ばれたこともあるんですよ。
ドラマーって相当体を駆使するんでしょうね。
脱水症状というと、幅広い症状やレベルがありますが、本当にひどいと亡くなってしまうこともあるんです。
甘く見てはいけないんですよ。

 

 

能海編集長
もしかしたら公表していないだけで体を痛めている可能性はあるわよね。
心配だわ。

 

 

ドラマーというものは私たちが考えている以上に過酷のようです。
そもそもバンドというものは協力プレーですよね。
ソロ活動であれば、自分の体調と相談しながら曲を変更したり、タイミングをみつつ演奏をすることができます。
しかしバンドは仲間がいるので自分都合でいろいろ変更ができないのです。

 

 

さらに、1番体力を使うのはドラマーだといいます。
座って叩けるからこそ、簡単に見えているかもしれません。
飛び跳ねて歌ったり弾いたりしないので簡単、または楽に感じる方も多いようです。

 

 

しかし5分の曲を全力でたたくと、10分間全力疾走をするほど体力を使うといわれています。
それくらいドラムは大変なのです。
簡単ではないんですよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

TOKIOは体を痛めるより農機具での事故が多い

国分太一さんによると、TOKIOのメンバーはYOSHIKIさんのように体を痛めることより、もっと別の事故が多いというのです。
それは農機具での事故

 

 

農機具?というのは農業の時に使う機械や道具のことですね。
でもTOKIOはバンド。
その傍らで農業をされているんですよね。

 

 

 

 

 

 

皆さんご存知のはず、DASH村でTOKIOの皆さんは農業をされています。
今やアイドルなのか農家なのか、どちらが本業でどちらが副業なのかわからないとまで言われていますね。
資格も多くとっていらっしゃるのです。

 

 

城島茂さん(ボーカル・ギター・リーダー)

移動式クレーン運転士免許
車両系建設機械運転者の資格の区分の内
車両系建設機械
普通自動車免許

 

 

山口達也さん(ボーカル・ベース)

一級小型船舶免許
潜水士免許
大工学校卒
普通自動車免許

 

 

長瀬智也さん(ボーカル・ギター)

ニ級小型船舶操縦士
普通自動車免許
大型自動二輪

 

 

松岡昌宏さん(ボーカル・ドラム)

調理師免許
潜水士免許
普通自動車免許

 

 

国分太一さん(ボーカル・キーボード)

炭焼見習い
普通自動車免許

 

 

これだけの多くの資格を所持されていて、アイドルだなんてすごいですよね。
アイドルとして万が一活動ができていけなくなっても生きていけるような気がします。

 

 

TOKIOの農機具の事故とは

TOKIOのメンバーの国分太一さんが「ビビット」で話されていた農機具の事故とは何なのでしょうか。
明らかにはなっていないのですが、農機具を見てみると事故の内容が想像できそうです。

 

 

チェンソーや草刈機など、刃物などついているものも農機具にはあります。
音楽家であるTOKIOのメンバーは手や指が命ですよね。
間違って切断などになったら大変です。

 

 

また、トラクターなども危険ですよね。
運転を誤ってしまえば、大事故になる可能性があるのです。

 

 

ニュースにならないということは、おそらく大事故までには至っていないのだと思います。
しかし、ちいさな切り傷で出血するなど、ちいさな事故は多いのでしょう。
アイドルとして、大きな事故にはならないように気を付けてほしいです。

 

 

芸林記者
農業の方ってすごいですよね。
みんながケガなく過ごしてほしいと願っています。

 

 

まとめ

X JAPANのYOSHIKIさんが人口椎間板置換術を受けることになり、そのことからTOKIOの国分太一さんがメンバーについて口を開いたのです。
ドラムは簡単ではなく、過酷な楽器であるということが世間に知られた良いキッカケになったのではないでしょうか。

 

 

身体がボロボロになっているYOSHIKIさんとは違い、TOKIOのメンバーは農機具でのケガが多いようです。
どちらにせよ、なんにせよ、安全に健康に演奏活動に励んでほしいです。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク