2017年の母の日はhug youのタオルで至福の時間を。

2017年の母の日のプレゼントは決まりましたか?
そろそろ決めておかないと、バタバタでスルーしてしまうことだってあるのではないでしょうか。
そんなあなたに今日お勧めしたいのはタオルです。

 

 

タオルって1人で至福の時間を過ごすときに使うものですよね。
この至福の時間、自分だけの時間のおともをするのがタオルなのです。
そのタオルを母の日に娘、息子からプレゼントされるというお母さんの喜び、みなさん想像できますか?

 

 

タオルを見るたびに、洗うたびに、そして使うたびにあなたの笑顔を思い出すでしょう。
そしてニヤッと微笑むのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

母の日にはタオルを贈ろう

2017年の母の日にはタオルを贈ってみませんか?
とっても良いアイディアだと思います。

 

 

芸林記者
どうしてタオルがいいんだろう。
タオルって結構数持っている人多いですよね。

 

 

能海編集長
特別なタオルをあげるからいいんじゃない。
いいことだらけだと思うわ。

 

 

タオルを使うときは至福の時間

タオルを使うときは皆さん同じだとは思いますが基本的にきれいになったときですよね。
また、一人で使うことがほとんどだと思います。

 

 

洗顔した後、お風呂の後。
いつもタオルを使うときは綺麗になるときですよね。
癒される瞬間とともに一緒に使っているのがタオルんです。

 

 

そんな癒しのおともをプレゼントしたくないですか?
母の日はお母さまにむけて、感謝の意を伝える日ですよね。
だとしたら、普段のお母さまへ至福の品を渡してみるのはいいのではないかなと思います。

 

 

綺麗なるとき、自分が贈ったものが近くにあるとうれしいですよね。
贈った側もうれしくなるプレゼントって、みんながハッピーになれると思います。

 

 

能海編集長
タオルって意外といいものは自分で買わないよね。
だからこそプレゼントされるとうれしいかも。

スポンサーリンク

肌ざわりで子供のころを思い出す

肌ざわりのいいタオルをプレゼントすることで、自分の赤ちゃんの頃を思い出してもらえるのです。
赤ちゃんのほっぺってすっごく気持ちいですよね。

 

 

もちもちだしハリはたっぷり。
いまとなれば憧れの肌質って感じがします。

 

 

その肌ざわりをタオルで感じられたらうれしくないですか?
しかも、それで自分の赤ちゃんの頃を思い出してもらえたらうれしいですよね。

 

 

また、タオルって結構重要で、せっかく綺麗になった肌を固いタオルで痛めつけていることがあるんです。
肌ざわりって癒されるだけでなく、肌を守るためにも大切なのです。
例えばふわふわなタオルだったら、肌を包み込んでくれますし、せっかく潤った肌を守ってくれます。

 

 

一緒に使っていたころを思い出す

タオルと言えばお風呂。
幼いころ、お母さんと一緒に入っていたお風呂を思い出しませんか?
それは、お母さんも同じですよね。

 

 

タオルを子供からもらうことで、タオルを使うときに必ずあなたのことを思い出すことでしょう。
そしてきっと一緒にお風呂に入って、体を拭いてあげた時のことを思い出してくれると思いますよ。

 

 

小さいころはたくさんお話をしていますよね。
湯船につかっているときは、無言ということは実際ないでしょう?
多くのことをお話ししたはずです。

 

 

もちろん会話の内容を思い出すことができない人、多いと思います。
それでいいんです。
一緒にそんな時間を過ごしたなという、そういう感覚でいいんです。

 

 

そういう思い出をおかあさんは大切にしています。
そんな気持ちを大切にしませんか?

 

 

まとめ

2017年の母の日に贈るプレゼントはもう決まりましたか?
私がおすすめしたのはタオルです。

 

 

贅沢な時間を気持ちのいい肌ざわりのタオルで過ごしてもらいませんか?
そして幼い時一緒に入ったお風呂の思い出を、大切にしませんか?
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 


【関連記事】

2017年、母の日にはお肉?伝えられない思いをお肉に添えて。