非常時に便利な毛布のオススメ使い方3選!オレンジ色の意味は?

非常時に大切になる物は、食料だと感じている人が多いようです。
しかし食料だけでは、人間生きていけません。

 

 

寒さからも耐え抜くことが必要です。
真冬に非常時になる可能性だってあるのです。
そこで必要になるのが毛布。

 

 

また毛布にはほかの使い方もありました。
暖を取ることだけではなく、別の使い道もあったのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

非常時に便利な毛布の使い方3選!

非常時にあると便利だったものの中に、毛布がありました。
毛布はいろいろな場面で活躍してくれる便利グッズだったのです。

 

 

毛布で暖をとる

毛布と聞くと、みなさんは毛布で暖を取ることを想像したと思います。
もちろんその使い方、正しいですし、それでこそスタンダードの使い方だと思います。

 

 

冬場、もし真冬に災害が起きたら大変です。
毛布があるのとないのとでは、生活が全く変わってしまうと思います。

 

 

また夏場でも使えるんですよ。
夏場でさえ冷え性の人がよくいますよね。
本当にひどい人は真夏だって手足が冷たくなったりするんですよ。

 

 

そんな人にも大切な毛布。
ぜひ常備させておきましょう。

 

 

 

 

これは1/7まで圧縮できます。
非常時に備えて準備するのにはいいですよね。
こんなに小さくなるのなら、保管場所にも困りません。

 

 

目隠しのための毛布

非常時に避難所に行くこともいる人でしょう。
そういう時に気になるのは人の目ですよね。

 

 

避難所があるだけで幸せなものですが、もっとその避難所生活を快適にするものは毛布があるかないかです。
避難所でのも毛布の使い方はプライバシーを守るための目隠し用です。

 

 

仕切りがあるだけで、少しですが自分だけの居場所が確保できますよね。
それだけで、どれだけもストレスを減らすことができるんです。

 

 

 

 

これはなんとこのサイズで10枚入りなのです。
この量があれば、目隠しもし、そして毛布の本来の使い方としても使えそうですね。
また、大人数の家族の方は、このくらいの量を準備していたほうがいいと思います。

 

 

非難をしているときに少しでも不安を取り除けるように、この毛布の肌触りも工夫されています。
優しい肌触りになるように、ポリエステル100%で作られているんです。

 

スポンサーリンク

 

破片から身を守るための毛布

非常時、何かの用事で家に戻ることもあると思います。
家の中はいろいろなものが落ち、散乱。
そして何かが割れていることもありますよね。

 

 

そういう時、靴を履いて部屋の中に入る人も多いようです。
しかし靴で家の中に入ると、後からの掃除も大変ですよね。

 

 

そこで活躍するのがまたまた毛布なのです。
毛布を床に敷いておけば、間違ってガラスの破片を踏むこともありません
こういうときにも毛布は役立つのです。

 

 

どうして毛布はオレンジ色が多い?

こういう時の毛布ってどうしてオレンジ色なのかわかりますか?

 

 

芸林記者
確かに何かとオレンジ色が多い気がしますね。
非常時っていうサインなのでしょうか。

 

 

能海編集長
だってオレンジって目立つじゃない?
それが必要なのよ!

 

 

そうなのです。
このオレンジという色は視認性がよいといわれています。
だからレスキューの色と言われているのが、オレンジ色なのです。

 

 

孤立したとき、この色の毛布があるだけで、救出のサインとして活用することもできます。
救出してもらうために、生きるためにこの色は必要な色なのです。

 

 

まとめ

非常時に毛布が必要だといわれています。
どうしてかわかりますか?
毛布は使い方がさまざまです。

 

 

また、非常時の毛布がオレンジ色であることにも意味がありました。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

震災に遭ってしまったときには色々なものが必要になってしまいますよね?
一つ一つを集めるのは大変なので「めんどくさい!」というあなたはこちらの商品がおすすめですよ!



【関連記事】

非常時のトイレを選ぶコツ!ストレス無いトイレの決め手は凝固剤!

1日に必要な水の量は?非常時のためにも対策は今からでしょ!

おいしくない非常食は時代遅れ?おすすめはおいしい○○○!?

非常時にナプキンが大活躍!おむつやナプキンの作り方もご紹介!

非常時のシャンプーは贅沢?ストレスをためないための〇〇シャンプー