浅田真央は引退できない理由があったはずが引退。今までありがとう!

フィギュアスケートで大活躍をしていた浅田真央さんですが、なんと引退を表明されましたね。
2017年4月10日の夜23時前でした。
テレビでも速報が流れるほどの大ニュースとなりました。

 

 

大活躍をしてきた浅田真央さんが今まで引退しなかったのには、引退できない理由があるように思われていました。
大きな決断だったとしても、引退を決断した理由はなんだったのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

浅田真央が引退

日本フィギュア界を引っ張ってきた浅田真央さんがついに引退を発表されました。
ご自身のブログで発表されたそうですが、現在アクセスが集中しており、ブログを見ることができません。

 

 

体がボロボロになるまで頑張っていた浅田真央さんにまずはお疲れさまでしたという言葉を届けたいです。
私たちに夢を見させてくれて、勇気をくれましたよね。

 

 

実は浅田真央さんは、左膝をけがしていたのです。
フィギュアスケーターは軽々とジャンプをしていますよね。
しかし、実際のところ、足や体への負担が半端ないといわれているのです。

 

 

浅田真央さんは、ジャンプの武器としてトリプルアクセルが飛べました。
男子ではボンボン飛んでいるのですが、女子でトリプルアクセルが飛べる人はまだまだ数少ないのです。
それだけ難しいジャンプであり、負担の大きいジャンプでした。

 

 

ケガをしているということは、このトリプルアクセルがプログラムに入れられませんでした。
トリプルアクセルが入れられないことで、いまいち試合での結果が残せず、悔しい想いをしていたのです。
しかし、そんなケガのことを知らない世間一般人からは、浅田真央さんはどうしたのか?と言われてしまいますよね。
引退か?という声だった聴かれたはずです。

 

 

ソチオリンピックの時に引退していれば…だなんて、残酷なことを言っていた人も多いことでしょう。
浅田真央さんは自分との葛藤で現役続行を選んでいたわけですから、応援してあげたかったですよね。
今までの人生すべてをフィギュアスケートのために費やしてきました。
だからこそあんな偉業を達成することができたのです。

 

 

そんな浅田真央さんが大きな決断をして現役引退を表明されました。
すごく大きな決断で、計り知れない時間悩んだことでしょう。
これからの人生、自分のやりたいことをやって、幸せに過ごしてほしいです。

 

 

私たちの心の中に浅田真央さんの演技は生きています。
輝き続けています。
今までお疲れさまでした。

 

スポンサーリンク

 

今までは引退できない理由があった

浅田真央さんですが、ソチオリンピックで6位に終わったあと、現役続行をするかしないかで悩んでいる時期がありました。
この時に出た言葉がハーフハーフで、一時期流行った言葉でしたよね。
1年間競技生活から離れて休養をするということを発表しい、2015年に現役続行を決意しました。

 

 

この現役復帰から、少し浅田真央さんの運命は変わり始めたように感じています。
試合の感覚を取り戻すのに時間がかかったのか、思うような結果が出てきませんでした。

 

 

すぐに引退しておけばよかったのに…という声もありましたね。
しかし引退できない理由があったとされているのです。

 

 

残してきたものがある

残してきた忘れ物、それを浅田真央さんは必死に取りに行きたがっていました。
オリンピックの金メダルです。

 

 

2010年に行われたバンクーバーオリンピックでは、銀メダルに終わってしまいました。
2位でもすごいんです。
世界の2位ですよ?

 

 

しかし、浅田真央さんのすごさを知っているからこそ、金メダルを期待してしまっている私たちがいましたよね。
本人も、その期待に応えるために一生懸命だったのでしょう。
試合で思わぬ結果が残らなくても、目指すものはオリンピックの金メダルだったのです。

 

 

来年行われるオリンピックまでは現役で頑張るのかと思っていました。
しかしおそらく先日行われた世界選手権の結果でオリンピック出場枠が2枠しか取れなかったということも関係するのかなと思いました。

 

 

浅田真央さん自身が出場していたわけではないので、2枠に文句があったわけではないと思います。
しかし、2枠しかないという現実で、この枠を争うことがもう無理かもしれないと思っていたのかもしれません。
今は若手が育ってきてはいますが、実際に国際大会で結果をコンスタントに残せている選手はほぼいないので、才能あふれる浅田真央さんが現役から退くことは残念です。

 

 

スケート連盟の存在

浅田真央さんは現役時代、CM出演料など、20%を日本スケート連盟に納なっくてはならなくなっているのです。
たとえばCM1つの出演料が3000万円だとしましょう。
CMの契約が10社あれば3億円の出演料となります。

 

 

そしてその20%がスケート連盟に入ってくるといことは、スケート連盟は6000万円の収入となるのです。
そうなると、現役を引退してしまえばスケート連盟の収入は明らかにグッと減ってしまうのです。
それだけは阻止したいと思っていたのがスケート連盟の考えですよね。

 

 

浅田真央さんがスケート連盟に対して恩があるのは確かです。
だからこそ、恩返しのために現役でいた可能性はあります。
お金が絡んでくる大人の世界はなんだか現実的で悲しくなりますね。

 

 

浅田真央の父親

浅田真央さんは現役時代お母さまを亡くされました。
本人も相当なショックだったことでしょう。
しかし取り上げられないのがお父様の存在でした。

 

 

浅田真央さんのお父さんは若いころはホストだったそうで売り上げもすごかったといわれています。
さらに、ホストクラブの経営までしていたといわれています。
しかし、父親がホストというと、娘である浅田真央のイメージダウンに繋がるかもしれないと考え、年商1億円はあったといわれているクラブの経営からは離れられました。

 

 

浅田真央さんも浅田舞さんも、フィギュアスケーター。
莫大なお金がかかるんです。
スケートのコーチを雇うと月100万円はかかってしまいます。
さらに衣装代も100万円をみると、年間で膨大な金額がかかってしまうのです。

 

 

フィギュアスケートって、お金持ちの家庭でなければ続けられない競技だったのです。
普通の一般家庭のお稼ぎではできないんですよ。
華やかな世界には、それだけお金が必要だったというのです。

 

 

お父さんにそこまでして働かせてしまってフィギュアスケートを続けてきていたからこそ、恩返しの意味でもスケートを続けていかなければならないという浅田真央さんなりの考えがあったのでしょう。
フィギュアスケートを続けて活躍し続けることが親孝行だと考えたのではないでしょうか。

 

 

もう浅田真央は見れないの?

ここで心配なのは、もう浅田真央さんのことを見ることができないのかということです。
それはみなさん心配しなくてもいいでしょう。

 

 

考えてみてください。
荒川静香さんや高橋大輔さんも現役でかなりの活躍をされてきた選手でした。
しかし現役は引退されていますよね。

 

 

これは、現役で試合に出る選手を引退するというだけで、スケーターをやめるということではなかったのです。
今でもスケート続けて続けていらっしゃいます。
アイスショーに出ていたりすることで、スケートは続けられているので、まだまだスケートを滑っている姿を見ることは可能です。

 

 

ということは、これからも浅田真央さんのスケートをすべる姿が見られなくなるわけではないと思います。
スケートには、何かしら携わっていくことでしょう。
それをファンのみなさんは望んでいることだと思います。

 

 

まとめ

2017年4月10日に浅田真央さんが現役引退を表明されました。
オリンピック後、引退を悩んだ時期もあったといいます。
もしあの時引退していたら、いまだに現役復帰をしたいと思っていたかもしれないとも言っていました。

 

 

休養期間を経てからは思わしい成績が残せていませんでした。
あれ?と思っていた人も多かったことでしょう。

 

 

引退したくてもできない理由があったとは言われていましたが、やはり決断するのは浅田真央さん本人。
どんなことがあったとしても浅田真央さんがやり切ったと思える現役時代であってほしいと思いました。
今まで本当にありがとう、そしてお疲れ様でした。

 

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク