波瑠の本名は山口麻有なの?夏目雅子との関係は?

波瑠さんの本名って気になりますよね。
波瑠さんはseventeenモデル時代に「南波瑠」という名前を使用していましたが、
「笑っていいとも」に出演した際タモリさんからの質問で、
「これ別に本名が波瑠ってわけじゃない?」
「あっ、本名ではないです。」
というやり取りがあったので、「南波瑠」も本名ではないようです。

 

スポンサーリンク

 

本名は何か調べていくと「山口麻有」という名前が検索に引っかかてきます。
これは2010年5月頃にネットの掲示板に
「波瑠ちゃんの本名は山口麻有ですよ 同じ高校の先輩です」
と書き込まれたことがありますが、山口麻有であると言うのが本当なのかは定かではありません。

 

これ以外には名前についての噂はほとんどなく確証を掴むのは難しそうです。
小中学生時代にいじめられた過去があるので本名を明かさないのではとも言われています。
過去との決別を意味しているのではないかと思います。

 

そんな波瑠さんは夏目雅子さんの姪ではないかとも言われています。
本名を明かさないことからそういう噂がでたようですが、これは間違いでした。

 

夏目雅子さんの姪は宝塚音楽学校の100期生の風間柚乃さんで本名が小達はるなさんです。
風間柚乃さんのお父さんはプロゴルファーの小達敏昭さんで、夏目雅子さんの弟です。
はるさんなので、波瑠さんではないかと噂が出たようです。

 

スポンサーリンク

 

名前以上に似ているということから疑いは始まりました。
まず顔のパーツや容姿が似ていると言われています。
髪型がロングとショートカット両方似合い、雰囲気を使い分けるところもそっくりだと思います。

 

また波瑠さんは「いねむり先生」という夏目雅子さんを失った作家、伊集院静さんの
自伝的小説をドラマ化した時に夏目雅子さんを演じました。

 

その時の撮影現場から夏目雅子さんのそっくりだったと声が出たそうです。

 

また「あさが来た」で波瑠さん演じる今井あさが炭鉱で働く男性たちに啖呵を切るシーン
「おなごやいうて なめたらあきまへんで」と言うシーンが1982年に公開された「鬼龍院花子の生涯」で夏目雅子さんが演じた鬼龍院花子の男性たちを睨みながら「なめたらあかんぜよ」と言うシーンを思い出すと話題になり、ツイッターのつぶやき数で夏目雅子さんの名前が急上昇しました。
この「なめたらあかんぜよ」は当時流行語に選ばれるほど人気があったそうです。

 

夏目雅子さんは今でも多くのファンに愛される、昭和を代表する女優さんです。
そんな夏目雅子さんのファンから見た目だけではなく、演技も認められている波瑠さんの
女優としてのこれからがとても楽しみです。

 

スポンサーリンク