武井咲の演技力は高い?実際どうなのか調べてみた!

これまでたくさんドラマ、映画、CMに出演してきた武井咲さん。
その演技力については賛否両論あります。

 

下手と否定する人と上手いと絶賛する人とすごく両極端です。
武井咲さんの演技力はどうなのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

まず下手という人の意見を見てみます。

 

・キスが下手
・声が特徴的過ぎる
・セルフが棒読み
・キャラがウザい
・演技がワンパターン

 

キスが下手と言われているのは「せいせいするほど、あいしてる」で滝沢秀明さんと演じたシーンでかなり叩かれていました。
どちらが下手かはわかりませんが、相性などもあったのでしょう。

 

声が「悪い」というのではなくて、演技をする上で『声がかわいすぎる」という意見が多かったです。
「貴族探偵」では武井咲さんが演じるキャラがウザイと言われています。あざとい感じがするとの声もありました。

 

いつも同じ演技に見えてしまうのは、武井咲さんがいつも結構気が強い役柄を演じること多いからでしょう。
その役柄しか演じられない可能性もありますが、ネコ目で目力が強い武井咲さんにはそういう役が回ってくるのかもしれません。

 

すごく特徴のある変わった役というものが少なく、普通の女性の役が多いので演技が目立たないということも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

少し気になるのは「るろうに剣心」神谷薫役に抜擢された時
「ヒロインには華が必要。スキャンダルもなく、年齢的に続編を作る際に問題がない。それに邪魔にならない演技をする。」
というふうに言われたそうです。

 

華と言われるのはありがたい評価ですが、邪魔にならない演技というのが何を指すかによって大きく変わります。
これがセリフが棒読みだから邪魔にならないのなら下手に入りそうです。

 

次に上手いという人の意見を見てみます。

 

・一生懸命な姿がカッコいい
・熱い演技に憧れる
・泣く演技が上手い

 

武井咲さんの演技力が高く評価された作品は、2016年に放送されたドラマ「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~」。
武井咲さんは時代劇ドラマに初出演ながら、主演をつとめました。NHKドラマにも初出演だそうです。
これによってイメージが大きく変わったようです。

 

武井咲さんが今まで受賞ものもすごいものばかりです。

 

・ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞
・山路ふみ子映画賞 新人女優賞 受賞
・日刊スポーツ映画大賞 新人賞 受賞
・エランドール賞 新人賞
・日本アカデミー賞 新人俳優賞
・日本映画批評家大賞 新人女優賞
・ジャパンアクションアワード2015 ベストアクション女優賞

 

下手で取れる賞ではないので、やはり実力があるのでしょう。
いろいろ見た結果、武井咲さんの演技力はまだまだ伸びしろがあり、実力をどんどん上げているということだと思います。

 

スポンサーリンク