原大智モーグル銅メダル!日本歴史を変えた渋谷のスターのTwitter!

2018年平昌オリンピック。
ついに日本の歴史が変わりました。

 

歴史を変えたのはモーグル原大智選手。
日本代表選手としてフリースタイルスキー男子モーグル初めての表彰台に上がったのです。

 

スポンサーリンク

 

モーグル選手の原大智

平昌オリンピックでまだメダルが獲得できていない日本代表選手。
2018年2月12日。
メダル第1号が誕生した日となりました。

 

それがフリースタイルスキー男子モーグル。
なんと原大智選手が銅メダルを獲得したのでした。

 

原大智

原大智選手は日本大学に所属しているフリースタイルスキー、モーグルの選手です。
1997年生まれで現在20歳となります。

 

出世地は雪国ではなく渋谷
渋谷のヒーローの誕生となりました。

 

原大智さんがモーグルを始めたのは小学校6年生の時。
16歳の時は、単身でスキー留学をするためにカナダに渡ります。

 

  • 2016年W杯たざわ湖大会モーグル4位
  • 2017年アジア大会デュアルモーグル2位
  • 2018年平昌オリンピックモーグル3位

 

冬季五輪におけるフリースタイルスキー競技の男子種目では未だ表彰台に立ったことがない日本代表選手。
2018年2月12日、ついに日本の歴史が変わりました。

 

男子モーグル決勝で銅メダルを獲得。
日本は歓喜の声に沸きました。

 

 

原大智の銅メダルは亡き師匠へ

原大智さんは平子剛さんにモーグルを師事していました。
2013年平子剛さんは病死。

 

それがあまりにも若い死となってしまいました。
享年27歳。
死因は心筋梗塞とされています。

 

さらに亡くなった当日、数時間前まで2人は会っていたのです。
それもあって、余計に現実は受け入れられなかったのでしょう。

 

さらに、あまりにも若かったので原大智さんは現実をなかなか受け入れられません。
しかしある誓いを立てました。

 

  • 五輪に出る
  • 金メダルを取る

 


2018年平昌オリンピックでは金メダルをとることはできませんでした。
しかし少しだけ天国に近い表彰台に上がることができましたよね。

 

そもそも日本フリースタイルスキー競技の歴史を変えました。
確実に原大智さんはモールグ界の今後にも影響を与えた人物となります。

 

スポンサーリンク

 

原大智が銅メダルを取れた理由

さて、原大智さんがモーグル競技において、平昌オリンピックにて銅メダルを獲得できた理由を見ていきましょう。
それは平昌オリンピックの難コースにあったのです。

 

多くの選手が苦戦した平昌オリンピックのモーグルのコース。
とがったコブが特徴的でしたね。

 

しかしこの難しいコースが原大智さんには合っていました。
そもそもとがったコブが好きという原大智さん。
原大智さんの技術に合っていたコブでした。

 

滑った感覚として、難しいと感じるより、自分に合っていると感じたほうが気持ち的にも良い方向に働きますよね。

 

また、原大智さんを過去に指導していた白鳥貴章さんもこのコースは原大智さんに合っていると感じていました。
まっすぐ、直線的に滑ることができる平昌オリンピックのモーグルコース。

 

この難しいコースも味方して、原大智さんとマッチした結果が銅メダルとなったのです。
本当におめでとうございます。

 

原大智のTwitter

さて、原大智さん。
普段はどんな方なのでしょうね。
Twitterを見ていきましょう。

 

 

 

まとめ

2018年2月12日。
日本のフリースタイルスキー競技の歴史が変わった日です。

 

モグルの原大智選手が平昌オリンピックにて銅メダルを獲得。
五輪にて表彰台に立った初めての日本人選手となったのです。

 

渋谷という若者の街から若者のスターが誕生。
本当におめでとうございます。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク